佐川急便 バイト 体験談

佐川急便のバイト体験談|女子高生でも超楽ちんなお気楽仕事

高校生の時、佐川急便でアルバイトをしていました。
はっきりいって、超お気楽な仕事でしたね。

 

佐川の仕事を始めた時、ファミレスでウェイトレスの仕事もしていたのですが、
佐川の方が時給がよく、かつ仕事も楽でしたから、
佐川一本に絞ってしまったくらいです。

 

肝心の仕事ですが、私が担当していたのは
ドライバーさんが集めてくる荷物を仕分けること。

 

ドライバーさんが集めた荷物は
配送センターのベルトコンベアーに載せられます。
それを私達仕分け係が配送先別に仕分ける、という流れになっていました。

 

実際の仕事としては、
ベルトコンベアー上の荷物に貼られた伝票を見て、
そこに書かれた伝票番号を端末に打ち込んでいく、というものです。

 

基本的には座ったままの仕事ですが、
たまに荷物の向きの関係で伝票番号が見えない時があります。

 

そういう時だけ、一旦ベルトコンベアーを止め、
荷物を動かすために立ちあがっていました。

 

といってもその数はそう多くないですから、
ほぼ座り仕事という感じでしたね。

 

そんな仕事なので、覚えることも少なく、
かつ他の仕事と比べて決して安くない時給でしたから、
今振り返っても「美味しい仕事だったなあ」と思います。

 

何度か事務所の留守番を頼まれたこともありました。
「電話当番と掃除をお願いしたい」ということだったのですが、
実際に行ってみると、電話はほとんど鳴りません。

 

掃除と言っても大してすることはなく、
雑誌読みまくりで時間をつぶしたのを覚えています。

 

外出の用事を頼まれた時は、往復がタクシーでしたし、
高校生の私にとっては、驚きの連続って感じでしたね。

 

佐川急便に関する声をネット上などで見かけると、
「仕事がきつい」とか、どちらかというとマイナスのものばかり。
私からするとかなり意外です。

 

同じ佐川でも、仕事の種類によって、大変さは違うでしょうし、
あの頃とはやり方が変わってきているのかもしれませんが、
少なくとも当時は、人に優しい(優し過ぎる?)会社だったように思います。