佐川急便 バイト 体験談

佐川急便のバイト体験談10|年齢に関係なく、なまった体を鍛えられる

30代後半に八ヶ月くらい、
佐川急便で荷物の仕分けのバイトをしていました。

 

体力勝負だと聞いていたので、
自分の年齢でもやっていけるか不安がありましたが、
意外とできるものですね。

 

中には私よりも年配の人もいて、
まだまだ色々な仕事ができるもんだと、
ホッとしたのを覚えています。

 

仕事には特別な知識は必要なく、
五体満足であれば、誰でもできる内容だと思います。

 

五体満足と書いたのは、全身を使う仕事だから。
荷物を横に移動させたり、高く積み上げたりと、
身体中のあらゆる筋肉を使う感じです。

 

ですから、五体満足、かつ体力に自信のある人には、
最も適した仕事の一つではないでしょうか。
なぜって、筋力アップに大きく貢献しますから。

 

それと、人付き合いがあまり得意でない人にも
向いているかもしれません(ある程度の体力がある前提ですが)。

 

佐川急便の仕分けの仕事は、楽ではないので、
次から次に人が入ってきて、次から次に辞めていきます。

 

勤務日数が長くなるにしたがって、顔見知りが増えていきますが、
そうは言っても、濃厚な関係が持ち込まれることはありません。
というか、そこまで話をすることがないです。

 

ですから、人付き合いが得意でない人、
あるいは職場の人とはビジネスライクに割り切って
接したい人にも向いた仕事と言えましょう。

 

 

 

「げてもの」も扱うのが佐川流!

 

以前に佐川急便で仕分けのバイトをしていました。
配送関係の仕事はどこもそうだと思いますが、
体力の有無が大きく影響します。

 

特に佐川急便の場合、
「げてもの」と呼ばれる特大サイズの荷物が多いですし、
商業貨物も少なくないので、他の会社に比べると荷物が重めです。

 

そういった荷物を、
時には自分の頭より高いところに積んだりしますから
腕力必須ですね。

 

それとベルトコンベアー上を流れる商品の伝票を瞬時に読み取って、
それをどこに振り分けるか判断しなければなりませんから
動体視力も高い方が有利でしょう。

 

特に繁忙期は、ベルトコンベアーの上をすし詰め状態で
荷物が流れてきますから、休む間もない作業となります。
身体を壊す人が多いのもうなずけますが。